Menu

塾に通うのと家庭教師の違いはあるのか

学校の授業だけでは足りない、学習した事を深く理解したい、受験のため、など学校以外で学習したい場合に利用するサービスとして、家庭教師や塾があります。進級すると同時に、学習内容も難しくなるため、自宅学習も必要になります。また受験生は、志望校に合わせた学習も必要となります。その様な時に、これらのサービスを利用するわけですが、それぞれのす違いやそれぞれのメリット、デメリットを把握した上で選ぶことが必要です。その上で、子供の性格や性質があるので、どちらのサービスを受ける方がいいのかという事を検討します。同時に、費用面やサービスを受けるにあたっての親の役割などもありますから、子供だけではなく親の負担の可能な範囲も検討材料として、どちらのサービスを受けるか決定します。

サービスの違いとメリットデメリット

2つのサービスの根本的な違いは、自宅でサービスが受けられるか否かです。家庭教師はその名の通り、教師が生徒の自宅に訪問して指導します。逆に、塾は生徒が施設に通ってサービスを受けます。サービスは、平日であれば学校が終わる夕方以降になります。物騒な世の中なので、塾の場合は夜道の往復が危険という心配があります。親の送迎が可能であれば一番良いのですが、仕事をしている場合には難しい場合もあります。また、塾の方が入会金や月々の月謝などの費用面で安い傾向にあります。一般的に、塾の教師は社会人である事が多いのに対して、家庭教師は、大学生が多いという事があります。もちろん、プロや社会人の採用もしている会社もありますが、その場合はオプション的な扱いになる可能性があるので費用が高くなる場合があります。

子供の性質によって合うサービスを選ぶ

塾は、1人の教師に対して集団で学習する形態が一般的です。塾は様々な学校の生徒が集まるので、うまく馴染めなかったりすると通うのが大変になるので、学習どころではなくなる可能性もかんがえられます。うまく馴染めないような性格なら、個別指導塾という教師と生徒が1対1の形態のものもあります。これに対して、家庭教師はそもそも1対1での指導なのですが自分の自宅で学習を行うため、家族が周りにいると気が散ってしまうことがありますので、1対1になれる場所の確保ができないご家庭では、サービスを受けることは難しいです。さらに学習のスピードの面では、集団で学習する塾であるなら個々の理解を深めるというよりも、ある程度のスピードで授業が進められてしまいます。それに対し、1対1なら生徒の理解のスピードに合わせて指導が進められます。