Menu

家庭教師についてみんなが抱いているイメージはこんな感じ

かつて家庭教師といえば、裕福なお坊ちゃましか雇う事ができなかったイメージがありました。費用も普通の塾に通うよりも高いですし、家庭にあがってもらって勉強を教えてもらうわけですから、それなりに広くて立派な家でないと、教師を受け入れる余裕がありませんから、結構な富裕層でないと、縁がないイメージがあります。ただ、マンツーマンで勉強を教えてもらえるメリットは、「分からない問題をその場で直接聞けて、納得するまで教えてもらえる」ところにあります。学校や塾だと、教師も一人の生徒だけに時間を注ぐわけにはいかないので、もっと詳細に追求したい時に、家庭教師だとより親身に時間を注いてくれる点が最大のメリットと言えます。今ではそんなに費用をかけずに雇う事もできますから、利用するのも良いでしょう。

現役大学生から今の知識を学ぶ!

家庭教師といえば、大学生の高時給のアルバイトとしても人気なので、現役大学生がお金を稼ぐ為に働くケースが多いです。現役大学生ですと、フレッシュな知識や学びをそのまま生徒に教える事ができますから、雇う側も現役大学生の存在はありがたいです。教師が大学生となると、生徒と教師の年齢差もそんなに開きがありませんから、勉強以外に学校の悩み事や将来の不安などの身近な相談相手としても、教師の存在は大きいです。現役大学生が教師であれば、つい最近先生自身が受験をした経験がある為、最先端の学習方法やアドバイスが聞けますので、教師と生徒が共に学びあえて、成長ができ、学校生活の楽しみなども聞けたりしますから、生徒のモチベーションも上がります。受験に合格するには、まわりの環境が重要になります。

人それぞれ、学ぶ環境と教師との相性。

生徒によっては、大勢の生徒と一緒に、切磋琢磨しながら競争して勉強がはかどるタイプもいますし、個人的な空間で、自分の世界を作る事で集中できるタイプの生徒も存在します。生徒それぞれに個性があって、適した環境がそれぞれありますから、親がそれを見極めて、また生徒自身も学ぶためのベストな環境を選ぶ事が重要です。そして、生徒と教師との相性もあります。性格が人それぞれですから、教師の教育方針もそれぞれ違います。生徒を褒めて学力を伸ばす教師から、厳しいアドバイスをして伸ばそうとする教師、生徒自身も、どちらが自分を向上させてくれるのか?を検討して、自分にとっての良い教師を探しましょう。家庭教師ですと、より親密に濃密な空間と時間を共有する事になるので、良い教師を選ばないと、かえってストレスになりますから、教師選びは大切な部分です。学ぶ為の良い環境と良い教師に出会った時、その生徒の能力は最大限に引き出されるのです。